最先端医療

トップページ > SDCについて

SDC会員基準

患者さまが安心して良質な医療を受けられるよう、一定の質の確保を図るべく入会資格および審査基準を厳格に定め、入会を認められた会員のみで構成されております。入会後も継続して審査をおこない、一定のレベルに満たないと判断した会員には退会いただきます。

入会基準

代表挨拶

廣田 祥司

廣田 祥司

 

戦後の日本経済は、戦時期に確立された経済制度の基に築かれました。いまや、この体制の優位性も失われ、深刻な「機能不全」となっており、この凋落から未来を切り拓くためには日本経済の体制が大きく変化しなければなりません。また、世界に目を向けてみても、大恐慌以来の経済危機の淵で、人類が経験したことのない大激震に直面しております。「失われた15年」が「失われた20年」になり、底の見えない恐怖に立たされております。

このような中、消費者の意識にも大きな変化が起こっております。歯科医療においても、情報の氾濫により消費者の歯科医療に対する意識が大きく変化しております。高い倫理意識を持った歯科医師同士が手を取り合い、医療技術を向上し強固な連携を継続的に育んでいくことではじめて、歯科治療を受けられる患者に安心をお届けすることができる。そんな想いのもと、SDCの発展が日本の歯科医療全体の進歩に寄与するものと信じ、全力で取り組んでおります。

SDCの設立目的をご理解いただき、医療サービスの進歩普及のために活動するSDCをご支援いただきますよう、お願い申し上げます。

ページトップへ